冨樫

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title







    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/14(月) 18:59:01.580 ID:G+NJhOos0
    殺しは部下にやらしてるし
    ネテロ会長は自爆だし
    リーゼントとカメレオンは気絶だし

    引用元: ・ハンターハンターのメルエムって1人も殺してなくね?

    ▶︎『ハンターハンターのメルエムって1人も殺してなくね? 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/08(火) 11:10:35.873 ID:7fytGt9t0
    これ好き
    no title

    引用元: ・【画像】冨樫さんの全盛期の画力wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    ▶︎『【画像】冨樫さんの全盛期の画力wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 10:37:12.329 ID:HP+CpQVQa
    ジグが暗黒大陸からアイを連れて帰る

    アイがキルアになつく

    キルア「俺の弟が妹だったらよかったのに」

    アイが願いを叶える、結果アルカ(弟)はアイに取って代わられてアルカ(妹)となる

    願いを叶えたキルアだけアルカ(ナニカ)を妹と認識する

    他の兄弟がキルアとアルカを引き離す

    イルミが針を刺してアルカを忘れさせる

    アルカ(ナニカ)を地下に隔離する


    カルトの兄さんを取り戻すというセリフはキルアではなく、アイに取って代わられたアルカを取り戻す事
    (昔の兄弟の写真では明らかに今のアルカとは違うアルカが写っている上、イルミ達はアルカの事を兄弟だとは思っていない上 シルバも別のとこから来たと言ってる)

    引用元: ・ハンターハンターのアルカはキルアに取り付いた暗黒大陸の欲望の共依存 ガス生命体アイ

    ▶︎『ハンターハンターのアルカはキルアに取り付いた暗黒大陸の欲望の共依存 ガス生命体アイ 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/22(日) 23:25:57.019 ID:r6VUqTbL0
    tg

    ジャップさぁ…
    いつまで「飲みニケーション」なんて言ってるんだい?

    引用元: ・会社の飲み会で「酒はダメなんでオレンジジュースください」って言ったらハブられ始めた

    ▶︎『会社の飲み会で「酒はダメなんでオレンジジュースください」って言ったらハブられ始めた 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/09/29(日) 14:52:37.14 ID:IFzPaY+UpNIKU
    hunter

    修羅曰く、怨能力はすべての系統を最大限まで引き出すことができるらしい。

    怨能力とは

    怨能力とは、念能力の対極にあり、怒りや憎悪を源とする力。念よりも強大な力を得ることができるが、とても厳しい“制約と誓約”を結ばなければいけないため、命を落とす者が後を絶たなかった。はるか昔に封印された禁断の能力。

    引用元: ・映画ハンターハンター「念の対極にある怨って力出したろ!怒りや憎悪から引き出されるパワー!」

    ▶︎『映画ハンターハンター「念の対極にある怨って力出したろ!怒りや憎悪から引き出されるパワー!」 』の続きを読む >>>

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 19/07/12(金)14:09:11 ID:JlF
    kamira


    素質は生まれ持った物やけど、修行とかイメージの仕方で自分の好みに変えれるって認識なんやが

    女装したら女体化してめっちゃ強くなるみたいなのもええんか?

    引用元: ・ハンターハンターの念能力って自分で決めれるん?

    ▶︎『ハンターハンターの念能力って自分で決めれるん?』の続きを読む >>>
                              

    このページのトップヘ